積み木

一棟売りアパートの入居者の集客は不動産会社に依頼する

賃貸経営はリスクを考慮

家

リスクコントロール必須

現在、賃貸不動産経営をされている方や、これから賃貸経営で投資を始めようと検討されている方は、様々なリスクに対応できる自信はありますか。賃貸経営は、資産運用によって利益を得ようとする方に人気の投資先で、部屋を貸し出すだけで収入が得られる事が人気の理由となっています。しかし、賃貸経営のリスクを甘く見積もり、困難な経営を強いられている方々が最近は増加傾向です。近年は人口増加時代だった一昔前と違い、何もしなくても部屋が常に入居者で埋まり、安定した収入を得られていた頃とは異なります。その理由は少子高齢化現象にあり、全体的な入居者の数は減る一方で収入面などに不安がある高齢者の入居は増加するという、厳しい賃貸事情があります。この事から最近では、賃貸経営にはリスクコントロールが必須条件となっています。リスクコントロールをする上で優れた不動産サービスが存在しており、近年では賃貸経営者の間で評判が良い一括借り上げサービスが人気です。一括借り上げサービスは数十年前から存在はしていたのですが、必要性が薄かったので認知度は低いものでした。しかし、近年のリスク増大から、この一括借り上げサービスに注目が集まり、利用する経営者が急増中です。一括借り上げのシステムは単純で、経営者が持つ賃貸不動産物件を一棟まるごと、不動産管理会社が借り上げてしまいます。不動産会社は一部屋あたりの家賃に対して、平均で10%〜15%程度の物件管理手数料を徴収する事で、管理の一切を請け負うシステムです。物件を所有する経営者には全部屋分の家賃が確実保証され、管理手数料を除いた額の家賃を安定して受け取れる、便利なシステム内容となっています。つまり、不動産経営のプロに委託料を支払い、マネジメント代行をしてもらう様なものと考えれば分かりやすいでしょう。