お金

一棟売りアパートの入居者の集客は不動産会社に依頼する

秘訣はローンの活用です

アパート

独立の手段としてマンション経営を選んだのであれば、ローンを利用して中古ワンルームマンションを買い、どんどん繰上げ返済をしましょう。そして、完済したらまた同じことを繰り返しましょう。15年後には1棟アパートにチャレンジできるようになっています。

キャピタルゲインを狙おう

女性

上場不動産投資信託であれば安定的な収入を得ながらキャピタルゲインのタイミングも狙えます。上場不動産投資信託は株式市場の影響も受けるので、不動産市況が好調なのに株式市場が急落した際には大きなチャンスとなります。

賃貸経営はリスクを考慮

家

人口の減少によって入居者の動向が読めず、困難な賃貸経営の状況になっている方が増えています。そんなときは不動産サービスの一つである一括借り上げを行なってもらいましょう。1割程度の手数料で賃貸物件を管理してくれるので、収入を安定させることができます。

不動産会社の選定と委託

マンション

入居者募集はプロに任せる

一棟売りアパートを購入して賃貸経営をするときには基本的にはプロに賃貸のための手続きを委託してしまうことになります。自分で借主を探して賃貸借契約を締結することもできますが、広く一般の人を入居者の候補とするためには不動産会社に委託するのが万全です。アパートに住みたいと考えている人の行動を考えると、まずは賃貸物件の情報を集めて不動産会社に相談するという流れになるでしょう。不動産情報サイトなどに情報を掲載すると見てもらえる可能性がありますが、最終的にはそこに掲載されている情報から判断して不動産会社に相談するという動きになるのが典型的なので、不動産会社に仲介を依頼するのが賃貸経営をする方法として基本なのです。一棟売りアパートの場合には物件情報についてよく理解してくれる不動産会社を選別して仲介を依頼するのが大切です。マンションに比べると構造が簡素で家賃が安めという特徴がありますが、個々に見てみると立地の良さやアパートの割に高い防音性や耐震性などが確保されているものがあります。一棟売りアパートを選ぶときにもそのような魅力的な麺を確認しているでしょう。アパートとしてのメリットをよく理解して営業活動を行ってくれる不動産会社に依頼することができれば安定して入居者を見つけてくれると期待できます。一棟売りアパートの賃貸経営をするときには不動産会社の選定をして信頼して任せられるように最初に努力することが重要です。